アトピー症学生へ向けて

アトピーって大変ですよね。僕も昔アトピー持ちでした。重度ではなかったため幼少期だけで治りましたが、今もなおアトピーに悩まされてる人は多いでしょう。

今大学と豊富との連携でアトピー持ちの学生を豊富温泉の力で治してみようというプロジェクト(アトピー療養特待生制度)が行われています。これを利用しない手はないという事で、今年は2名ほど大学へお迎えし、大学で勉強しながら療養に励んでいます。

しかし、豊富まで1時間ほど掛かる中、車がないと療養に行くことすらかなわないという状況が大学の実情です。そこでこの度「アトピーのボランティアの会」という名目で車での送迎などを学生も行ってみないかということで発足されました。

学年間は関係なく、同じ大学の仲間が困っているのを助けたいという学生が集まり、今日ボランティアの会の第1回が開かれました。学生も車所有者から、持っていない人まで7名ほどの参加がありました。まだまだ小規模の取り組みなので、これからどんどん増えていくことを願っています。

ボランティアが発足され、ふと我に返ってみたとき、今日いわれているのは、人と人が手を取り合い、「つながり」が何より必要だということに気づかされました。このつながりの第1歩であるボランティア活動になってくれることを願います!


1つ星 いいね!
読み込み中...