数学教室やってます。

毎週火曜日に大学主催で数学教室というモノをやっています。対象は市内の中学3年生が「数学が苦手で教えて欲しい」であったり「もっと数学を得意になりたい」という子が集まって行われている学習支援活動です。

今日は学生のS君が行った教室の模様を紹介したいと思います。

範囲は展開や因数分解を中心に中学生がわからないところを答えていく方式で行っています。自作のプリントやホワイトボードを活用しながら、一緒に考えて問題に取り組んでいました。将来は教師を目指している学生が教えているので、生徒にうまくわからないところを聞き出したり、うまく教える方法に苦悩しながら、頑張っている姿に感心しました。


↑ホワイトボードは大学の備品ですが、学習支援活動では必須のアイテムです。

来週はどのような内容とどのようなことを教えていくのでしょうか。学習支援活動から学べることは本当に多くあります。学生も日々勉強の毎日なのでしょう。


1つ星 いいね!
読み込み中...